真岡ってどんなとこ?

 真岡市は栃木県の南東部に位置し、東に連なる八溝山地、西に流れる鬼怒川を抱える自然豊かな都市です。首都東京から90㎞圏内に属し、東京駅から東北新幹線を使えば約1時間40分の距離にあります。年間の平均気温は13.0℃(最高19.0℃、最低7.7℃)、平均降水量は1275.9㎜。雪はときどき降りますがそれほど多くはなく、比較的温暖で暮らしやすい気候です。
 市の面積167.34㎢、人口79,539人※。かつては農業を産業の基盤とするまちでしたが、現在は91社におよぶ企業が操業する大規模な工業団地を有するハイテク都市として発展を続けています。農業・商業・工業がバランスよく調和した理想的な地方都市です。
※国勢調査(平成27年)

北エリア

 丘陵地や雑木林からなる93.3haもの広大な敷地に、花蝶園、ボート池、県内最大の屋外プールなどを有する井頭公園や、天然温泉・屋内プールなどを備えた井頭温泉があり、市内外から多くの人が訪れる真岡の癒しエリアとなっています。

市街地エリア

 官公庁、教育施設、商業地、きれいに整備された住宅地などが集まる真岡市の中核エリアで、インフラが整い生活の利便性が高い人気のエリアです。また、歴史感じる街並みにおしゃれなカフェやショップが集まる門前地区もあります。

東エリア

 小貝川周辺には豊かな田園地帯が広がり、里山の自然と触れ合える根本山(標高165m)や、スポーツ施設や大型遊具がある子ども広場を備えた総合運動公園があるなど、子どもたちの活動エリアとなっています。

西エリア

 東西を結ぶ北関東自動車道と、宇都宮テクノポリスと筑波学園都市等を南北に結ぶ鬼怒テクノ通りとの結節点となる、真岡インター周辺には工業団地が広がり、91社もの企業が操業する一大工業エリアとなっています。

南エリア

 いちご生産量日本一を誇る真岡市のいちご産地の中心エリアです。また、二宮尊徳資料館や桜町陣屋跡を有する二宮尊徳(金次郎)ゆかりの地であるとともに、国指定史跡「高田山専修寺」がある歴史を感じるエリアともなっています。